未経験でも挑戦!インテリアインテリアコーディネーター向け・実績の作り方

インテリアコーディネーターの資格を取得しても、実績が無いと雇ってくれない。そんな会社が多いかと思います。未経験OKであっても、土日のどちらか出社必須・残業あり・定時が夜7時過ぎなど、未就学児を子育てしている身にとってこれは無理だと思いました。(我が家は私と子供二人の3人暮らしです。)

周りに知り合いのインテリアコーディネーターもいないし、フリーランスと言っている方々はどのように仕事をしているのだろうか?と疑問に思うもビビリなわたしはインテリアコーディネーターのオンラインサロンにも手を出せず。コンタクトを取ることもできず。

しかし、別業種の先人たちが揃えて言うことは1つ。『実績はなければ作ればいい。』でした。ではどのようにして実績を作っていったのか?

ちなみに私の経歴は主に(小さな)広告代理店の接客販売と事務職でした。完全孤独スタートです。

活動スタート時の環境

使用ソフト/illustrator・Excel

今ではデバイス環境も整い、ベクターワークスで3Dパース作りも行ってますが、活動を始めた頃はありませんでした!なので、パースを使用しなくてもできる仕事を作り、提案していきました。

一人でやるということは自分で仕事を作っていくということ

これから行っていくことは、自分を分析して、自分をアピールして、自分で仕事を作っていくことになります。

ココナラ(coconala)

ココナラとは

今やテレビCMでもお馴染みのココナラですね。自分の得意分野をスキルとして出品することができるスキルマーケットです。出品ユーザーは副業から本業まで幅広く、実際ココナラで活動し法人成した方も存在します。

ココナラの目玉といえば動画作成やロゴ作成、デザイン全般のように感じますが、カテゴリーとして「住宅インテリア・家具のアドバイス」があり、多くのインテリアコーディネーター・デザイナーさんが出品しています。

初出品は「家具配置・導線」最低価格スタート・プロとしてできることを見つけよう。

わたしがはじめた頃は、インテリア家具配置のカテゴリーは500円から設定可能でした。(現在は最低価格2000円からです。)プロとして自分にできることからはじめていきました。

これ、すごく大事な事だと思ってます。自分で仕事の実績を作っていくとという事は、自分で仕事を生み出していく事でもあるのです。

あなたはプロのインテリアコーディネーターとして、何をしたら相手に喜ばれると思いますか?

私は当時、家具のブランドも、メーカーも、インテリアテイストの種類も、デザイン的な知識が全くありませんでした。3Dパースを作れるツールもまだ導入していませんでした。しかしインテリアコーディネーターの学びで得た基礎知識は当然あります。 

なので、「自分がプロのインテリアコーディネーターとしてできる事」を絞り出し、【一人暮らし向け・導線とゾーニングの相談】の出品からスタートしました。(初出品価格1,000円でした。)

未経験でも気軽に挑戦できるココナラは未経験者の実績作り・自己スキルアップの場にもってこいの場所です。

ちなみこれは私の経験してきた流れですが、家具やデザインに詳しくしっかりお部屋作りが提案できる・パースが作れるなどであれば、もっと価格を上げても良いと思います。

はじめてお金をいただいて、ご提案したものが喜ばれ、レビューまでいただいた時の喜びと感動は忘れられません!

クラウドワークス(CrowdWorks)

はじめての本格的な依頼はクラウドワークスでした。

わたしがインテリアコーディネーターの仕事として初めて本格的に受けたのはクラウドワークスでした。パース作りは無く、平面図の作成と家具のセレクト・配置・提案文章作りでした。ココナラと異なる点は相手が法人という事です。コーディネートの提案フォームや仕入れルートなどがクライアントの指定フォームでした。

現在は継続的にインテリアに関するライティングの仕事を受けています。

クラウドワークス内で検索すると、時期にもよりますが、インテリアコーディネートのお仕事やパース作成のお仕事などがあります。他の業種と比べると数は少ないですが、登録してこまめにチェックすると案件があります。

継続的にお仕事がいただける

ココナラと違い、成果物が喜ばれれば継続的にお仕事がもらえることが多いのも特徴です。もし応募条件に「経験者」と表記があっても、ココナラで実績を作っていたり、オンラインでのコミュニケーションを得意とすればこちらからメッセージでアピールするも良しです。

こまめにチェックし、出来る!挑戦したい!などの仕事が出ていたら積極的にアピール・取りにいきましょう!

クラウド上での仕事に必要ツール・あって良かったツール

クライアントとのやり取りは基本クラウドワークス内ですが、資料の送付や情報の共有などであってよかったツールはGoogleアカウントやzoomSlack・chat workなどです。どれも簡単に登録できますので、必要になった時に持っていて良いツールだと感じました。

また、操作性も簡単なので、必要になったら取得する流れでも良いでしょう。

ワードプレスでホームページ(ブログ)作り

ワードプレスでブログを作る理由

ワードプレスでブログを作る理由は、興味を持ってくださる方へのアピールと信頼を得るためです。ココナラやクラウドワークス上で屋号や個人名またはウェブ上での名称を統一しておけば、興味があればググりますよね?

この人はどんな人なのか?どんなデザインをするのか?どんな実績があるのか?

小さな実績でもどんどんアップしていき、また、プロとしてコーディネートのポイントをまとめた情報も発信していきましょう。

ワードプレスのブログの作り方▼

はじめはひたすらココナラ内での上位を目指す!

プロフィール欄を充実させる

どの媒体もそうですが、この人はどんな人なのかを知ってもらうためのプロフィールです。経歴・資格・スキルなどの仕事上の基本情報に加え、好きなものや好きなコト、仕事をする上でのモットーなどあなたの個性が相手に伝わるように書きましょう。

たくさんいるインテリアコーディネーターやデザイナーの中から、「この人にお願いしたい」と思われることが大切だと感じました。

検索ワード対策

ココナラでは数多くのカテゴリーと出品物が存在します。インテリアに関する相談・提案の出品も多数存在します。はじめはその無数の中からいかに自分を見つけてもらうかがカギです。ココナラ 内に検索機能があるので、上位に表記されるような出品名・出品説明にしましょう。