3Dパースでわかりやすい|ワンルーム・LDK・戸建て・自宅サロンも|オンライン完結で全国対応

アクセントクロスの選び方2つのポイント|北欧風インテリア/施工後のお写真いただきました

昨年、オンラインにてインテリアコーディネートのご依頼いただきました、N様より

施工後のお写真をお送りいただきました。

当時の記事はこちら◀︎納品完了|北欧インテリア

施工後のお写真

以前の記事にも綴っておりますが、ご依頼者様の好きなインテリアのお写真を頂戴し

分析、好きなお色や形などをリサーチし諸々打ち合わせしていきます。

アクセントクロス ・メーカー品番

アクセントクロス は、N様のご意向で、無地のブルーグレー系と、レンガ系にて悩まれてました。

今回採用になったのは、サンゲツRE51332です。

※画像はサンゲツホームページより。

レンガ系のデザインクロスは様々なメーカーからいく通りもの種類が存在しますので、いざご自身で選ぼう!となりますと頭を悩ましますね。しかし作りたい空間によって、いく通りもの中から選び出すコツ、ポイントがございます。

アクセントクロス の選び方二つのポイント

【N様邸のケース】

①国内メーカーであること。

これは施工環境の観点からです。東京から遠く離れた遠方でしたので、輸入クロスの対応に慣れていないことなどを懸念しました。

②レンガ柄に少しブラックが混在

レンガ調のこちらのクロスは、レンガとレンガの隙間の溝がポイントです。

N様と打ち合わせしていきますと、ブラックスチールを使用した家具がお好みという事がわかりました。

実際ペンダントライトにも採用しております。

ブラックスチールの家具や照明を使用した際、空間に馴染ませるためにアクセントまで行かずともポイントで欲しかった要素です。空間作りにおける統一性の観点から採用しました。

様々なメーカーから展開されている家具などをどの様にセレクトするのか

これも2つにもポイントがございます。

アクセントクロス も、家具も、様々なメーカーからいく通りものデザインが展開されております。

しかし、ご自身が、

①どんな部屋のスタイルが好きなのか。

②こだわりたい部分はどこなのか。

この2点を絞り出していけば、自ずとセレクトできるものなのです。

クロスも、家具も、プロダクトデザインには大体それぞれのコンセプトが存在します。

なので、ご自身のニーズと、クロスや家具など作り手(メーカー)の方向性が一致し、さらにご予算も織り込んだときにうまく合致し空間に落とし込める事ができるか、いや、落とし込ませるのが当方の今の所のインテリアコーディネーター像です。

yuum design

インテリアコーディネーター|タナカユウコ

お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします◀︎

▲ワンルームからLDK・自宅サロンも|賃貸・新築|オンラインで全国対応!|インテリアコーディネート依頼はこちらから▲

Follow me!

この記事を書いた人
タナカユウコ|広告代理店5年勤務▶︎他業種色々経験▶︎第二子がお腹にいる時にインテリアコーディネーターの資格を取る為都内スクールへ通う。出産後、無事資格取得。2020年自粛中の時代オンライン完結のインテリアコーディネートサービスにて多数ご提案。2021年は都内近郊にて対面でのご提案を展開。住みやすさを前提とした理想のインテリアに仕上げます。 思考はシンプル・スマートがモットー。 イラスト、読書、デザインクロス、観葉植物が好き。 登録番号180815A
SNSでフォローする