北欧インテリアはお任せください!3Dパースと家具配置図でわかりやすいオンラインインテリアコーディネート

イケメンリビングへの道のり|コーディネート完成までのフロー掲載

オンラインインテリアコーディネート完了、家具配置後のお写真をいただきました!

おうちでゆっくり過ごされたいご意向のご依頼者様(R様)

インテリアコーディネートをするにあたり、方向性としては

1.スタバのようなイメージのリビングダイニングにしたい。

2.おしゃれでゆっくり過ごせるような感じにしたい。

3.できればL字ソファーを置きたい。

と言うご要望でした。

間取りの確認|平面図作成

間取りの確認作業・平面図起こしとなります。

お部屋の寸法、また、そのお部屋のサイズに対して希望している家具が配置可能なのか。

配置ができたとしても導線は確保されるのか。

逆に、お部屋のサイズに対して適切なサイズはどの程度なのか。

諸々解析していきます。

▼実際の作成平面図. いただいた図面から作成し、漏れのない様ヒアリングシートからのメモ書きも記します。

ゾーニングを兼ねて、ざっくり家具の配置をします。▼ゾーニングとは?過去の記事▼

その間取りはどこに抜けるのか|採光の確認も

方角の確認と採光も確認していきます。▼平面図から起こしたパース.

この間取りでしたら、奥の柱とバルコニーの窓部分がセットバックされているのもあり、良い感じの抜け感ができそうです。

南向きなので日中ほどよく良く日が入りそうですので、背の高い太陽光を好む植物を置いても問題なさそうです。

作業上の話になりますが、この段階でもパースにガンガン手書きでメモしていきます。

家具のリサーチ|テイストの認識共有

最低限のヒアリングを行い、平面図から寸法とサイズ感が確認できましたら

あとはテイストに合った家具を市場からリサーチしていきます。

家具は、物によっては2〜3パターン程ご確認頂いております。
例えばソファーでしたら、布張りがお好きか、革張りはお嫌いじゃないか、足にアイアンを使っているタイプとウッドのタイプなど、理想の認識のすり合わせ作業を行います。

画像を使用して意思疎通する事で、はじめのヒアリングの時点では知り得なかった事を得る事ができます。

今回のお部屋の寸法に対して、L字のソファーを配置してしまうと、生活をする際、例えば歩く導線がちょっと狭くなってしまったり、ソファー自体結構存在感が大きいのですので、いざ配置すると圧迫感を感じてしまったりします。

ですので、L字ソファーを置きたい、憧れがあるという部分を意思尊重しつつ私の方で的確なサイズと方法をご提案させていただきました。

おおよその家具配置の確定|主役はご依頼者様

今回二人がけソファー+パーソナルチェアでのご提案をさせていただきました。

ハイテーブル もR様のご希望です。

配置のレイアウトパターンはお部屋によりけりですが、大体2〜3パターン作成し、ライフスタイルや印象のお話をしつつ、確定させていきます。

間取りの確認でも触れましたが、そのお部屋に合った的確なサイズか、また、使用したい家具なども、実際にサイズを確認し

平面図に落とし込んでいくことで明確に確認と納得ができる、また、ご依頼者様にとって暮らしやすいのかを確認することができます。

ブラッシュアップまでの道のり|家具の生産中止

ここまでレイアウトと家具の認識のすり合わせができましたら完成まではあと少しです。

ブラッシュアップまでの作業も視覚で確認できるパースが大変役立ちます。

▼1回目プラン

ヒアリングシートの情報をもとに、お色やテイストなどを考慮し

1回目ではセイジグリーンのラグに優しい印象のクッションカバーなどを使用しております。

ソファーはこの段階では半リサーチ中でした。

というのも、実は幅1800の条件に値するソファーがなかなか無かったり

実店舗を回って発見しても、希望の色だけ製造中止になってしまっていたり。。。

(このタイミングでなぜこの色だけが製造中止?!と少し嘆いたりもいたしました。。。)

ハイテーブルに関しても、実店舗にも在庫を切らし、さらにセレクトショップであった為、製造元卸に確認したところ

そちらも製造中止との事。。。。

そんなこんなで

アクシデントもありつつ、全体的なイメージとしてはR様とお話の上、配色も含め、もっとインダストリアルに振り切ってしまおう!となりましたので、最終的な方向性へと舵が切れました。

▼最終的な家具方向性

イケメンリビングダイニングが完成しました。

▼最終パース

▼ビフォー

▼アフター

最終的に、ハイテーブルは〝かなでもの〟という家具ブランドのものを使用。

無垢の素材を使用しつつ、ブラックのアイアン脚部がしっかりしていて、何よりこのブランドのコンセプトを感じる事ができましたので、発見してからのご提案の時点で当方に迷いは出ませんでした。

そして無事R様にもお気に召していただけました。

ハイチェアに関しまして、当初ご提案していたハイテーブルが製造中止と知った後、色々とリサーチを行いましたが

ハイテーブルって通常のダイニングテーブル よりも高さがまちまちだと知りました。

高さが変わってしまうとハイチェアも合わせた高さのものにしなければならないのでビジュアルの観点で頭を悩ませたところもありましたが、こちらのテーブルは一番最初に予定していたものと同じサイズでしたのでハイチェアもそのまま使用できました。

ソファーは最終的にパーソナルチェアと同じセレクトショップから採用となりました。

NOCEさんです。

実は、オンラインショップでは在庫切れになってしまったのですが、都内実店舗に確認したところ店舗には在庫がありまして、

R様に直接店舗に行っていただきました! (ありがとうございました・・・><!)

おまけ|家具の生産状況や在庫について

オンラインショップで在庫を切らしていても、実店舗にはあるケースがございます。

多くのショップは、オンラインショップと店舗の在庫管理がそれぞれ異なる為です。

もし欲しい家具がオンラインショップで在庫を切らしていても、試しに実店舗にお問い合わせしてみてくださいね。

ハイテーブル に関して今回得たことは、ハイテーブル の様に他のテーブルと比べて需要が少ない家具に関しては

生産自体の打ち切り判断が早いとのことでした。

とにかく、R様への納品が間に合い、喜びのお声をいただけましたで私も大変嬉しくなりました。

ご依頼者様が喜んでくれたとき、初めて価値が生まれる仕事だと思っております。

ありがとうございました^^!!

yuum design

インテリアコーディネーター|タナカユウコ

お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。(土日祝日を除く24時間以内にご返信いたします。)

▼ワンルームからLDK・自宅サロンも|賃貸・新築|オンラインで全国対応!|インテリアコーディネート依頼はこちらから

Follow me!

この記事を書いた人
タナカユウコ|広告代理店5年勤務▶︎他業種色々経験▶︎第二子がお腹にいる時にインテリアコーディネーターの資格を取る為都内スクールへ通う。出産後、無事資格取得。2020年自粛中の時代オンライン完結のインテリアコーディネートサービスにて多数ご提案。2021年は都内近郊にて対面でのご提案を展開。住みやすさを前提とした理想のインテリアに仕上げます。 思考はシンプル・スマートがモットー。 イラスト、読書、デザインクロス、観葉植物が好き。 登録番号180815A
SNSでフォローする